べたつき肌を改善

鏡を見る女性

皮脂分泌を抑えるには

夏場は高温多湿となってしまう日本、皮脂が多く分泌されて肌がべたつく・・という、悩みを抱えている女性も少なくないようです。皮脂分泌過剰でべたついた肌だと、てかりが気になるだけでなく化粧崩れが起こりやすい、毛穴も黒ずみやすいなど良いことはありません。夏場は特に肌が皮脂が増えてべたつきやすくなるので、スキンケアで皮脂対策をしっかり行っておきましょう。顔の皮脂を減らすスキンケアいえば洗顔がイメージされますが、大人女性の場合は洗顔のし過ぎでも、かえって皮脂分泌が増えてしまいます。洗顔で皮脂を洗い流し過ぎてしまうと、今度は肌に必要な皮脂が足りなくなり、肌はそれを補おうとして余計に皮脂を分泌させてしまうのです。スキンケアは丁寧に行っているのに、なぜか皮脂の量が多い・・と感じている人は、洗顔で皮脂を落とし過ぎているかもしれません。ドラッグストアなどには皮脂量が多い人向けの洗顔料が置いてありますが、このようなタイプは10代向けというケースがほとんどです。大人女性の場合、10代向けの洗顔料で洗顔をしてしまうと、皮脂の落とし過ぎに繋がってしまいます。洗顔料はさっぱりタイプではなく、ある程度の潤いを残すような使い心地のものを選ぶのが良いでしょう。また洗顔と同じく、油とり紙を使って常に皮脂を取るようなスキンケアを行うと、皮脂不足からかえって皮脂の分泌量が増えてしまう可能性があります。油とり紙だと過剰に皮脂を落としてしまうため、肌のべたつきが気になるときはティッシュペーパーで、押さえるくらいがベストです。