鏡を見る女性

べたつき肌を改善

皮脂分泌が過剰な肌質のスキンケアは、洗顔料を見直すことをおすすめします。皮脂が気になってサッパリした使い心地の洗顔料を使いがちですが、大人女性の場合は皮脂を洗い流し過ぎると、かえって皮脂の分泌量が増えるようです。ある程度、肌の潤い感を残す洗顔料を選びましょう。

詳しく見る

レディ

選び方のポイントとは

スキンケア化粧品を選ぶときは、自分の肌に合っているかを判断する必要があります。実際に使用してみなければ分からないので、リーズナブルな価格で試しやすいトライアルセットを活用しましょう。トライアルセットを使い、特に問題が無けれ本品を購入します。

詳しく見る

鏡を見る女性

ワセリンでオールインワン

ワセリンは化粧水や乳液など使わなくても、お風呂上りや洗顔後にそれをつければ十分にスキンケアをすることができ、モチモチの肌に仕上げることができます。スキンケアだけでなく、ワセリンはメイク落としにも使用することができます。

詳しく見る

スキンケア

夏のケアはとても大事

お風呂上りや洗顔をした後にスキンケアを行う際、夏の季節もしっかり行うことが肌にとても大切です。そして化粧水をつける際は肌に浸透するまでしばらくそのままにし、乾いてから乳液をつけることで保湿させることができます。

詳しく見る

基礎化粧品

蜂蜜で洗顔

毛穴に汚れが詰まってしまえば、洗顔だけではなかなか取り除くことができません。毛穴の汚れでスキンケアの効果も弱くなります。汚れを取り除くのに良いのが蜂蜜です。蜂蜜を加えた洗顔フォームまたはs念願石鹸で泡を作って洗えば、毛穴の汚れを取り除くことができます。

詳しく見る

基本となる保湿成分

基礎化粧品

保湿成分の種類をチェック

スキンケアの基本となるのが肌の保湿ですが、化粧水や美容液といったスキンケアアイテムには、多くの保湿成分が使われています。事前に保湿成分の種類や、どのような働きをするのかなどの特徴を知っておけば、スキンケアアイテムを選ぶときの、参考にできるのでおすすめです。スキンケアアイテムに配合される保湿成分は、水分を挟み込んで逃がさない・水分を抱きかかえて閉じ込める・近くにある水分を吸いこむという3つのタイプに分けられます。水分を挟み込んで逃がさないタイプの保湿成分として、特に有名なのが人の肌にも存在している「セラミド」です。セラミドは細胞間脂質とも言われるもので、細胞と細胞の間に水分を挟み込んで、まるで防波堤のように水分が蒸発しないよう働くのが特徴となっています。セラミド配合のスキンケアアイテムは肌のバリア機能を、アップする効果が期待できるので敏感肌で悩んでいる人のスキンケアにおすすめです。水分を抱きかかえて逃がさないタイプの保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンとった成分が挙げられます。また最近は保湿効果に優れていて、敏感肌の人でも安心して使えるヘパリン類似物質という成分も、水分を抱きかかえて逃がさないタイプの保湿成分に当てはまります。最後のタイプ、近くにある水分を近づける作用がある保湿成分は、近年シャンプーなどにも多く使われるようになったアミノ酸です。このように、保湿成分1つとってもタイプは様々ですので、各成分の特徴を把握して自分の肌質に合った保湿成分を選びたいものです。